東濃鉄道 駄知線について

 東濃鉄道駄知(だち)線とは、岐阜県土岐市の北部に位置するJR中央西線土岐市駅から、土岐市内を 「し」の字型に縦断し、同市東部の東駄知駅までを結んでいた10.4kmの鉄道です。途中、5つの駅が設けられていました。

 明治末期からの鉄道敷設ブームの中で、中央線ルートから外れてしまった現在の土岐市南部地域の実力 者を中心にして、この地域に鉄道を敷設する機運が高まり駄知鉄道が設立されました。1922年(大正11年) に土岐郡(当時)中部地域を縦断する鉄道として開業し、沿線で生産される陶磁器製品やその原料となる 陶土の輸送、及び沿線住民の足として活躍しました。沿線全域で陶磁器生産及び陶土産出が盛んなため、 各駅で貨物業務が行われていました。

 1944年(昭和19年)、近隣の交通事業者と合併し東濃鉄道が設立。駄知鉄道は東濃鉄道駄知線となりまし た。戦後の燃料費高騰をきっかけに、1950年(昭和25年)の全線電化による設備の近代化を実現しました。 当時はそれができるほど経営体力のある鉄道だったのです。地域の発展や沿線に高校が開校するなど、こ の頃から10年間ほどが駄知線の黄金時代でした。

 しかし、自動車社会の到来とともに周辺道路網も整備され、ライフスタイルにも変化が見られるように なった頃から、貨物取扱量の著しい減少と乗客数も頭打ちになりました。1970年代に入ると末端区間の廃 止が提案されるようになり、鉄道経営も深刻な事態となりました。  駄知線にとって致命傷になったのは1972年(昭和47年)7月の集中豪雨による土岐川鉄橋流失でした。これが原因で電車の運行は全面運休に追い込まれました。地元では流出した鉄橋の復旧と運行再開を求める 声が相次ぎましたが、復旧費用が膨大なため東濃鉄道単独で再開するのが難しくなったため、バス代行運 転の甲斐も無く、2年間の運休期間が終わる1974年(昭和49年)にお別れ運行も無く寂しく廃止されてしまった鉄道です。